一生の思い出に残るイベント、結婚式を挙げるための知識

式場選びをする時は式当日をイメージして選ぼう

教会での結婚

教会で結婚式を挙げる上での豆知識

ホテルや結婚式場に併設されているチャペルではなく、信者の人々が信仰の対象として通っている本格的な教会で結婚式を挙げる場合には、複数の点に注意する必要があります。 大部分の教会はキリスト教の信者ではない人でも結婚式を挙げることが可能ですが、教会によっては、キリスト教信者以外の結婚式を受け付けていないため、事前にしっかりと結婚式を挙げたいと思っている教会に確認をとっておく必要があります。 キリスト教信者の人以外が教会で結婚式を挙げる場合には、多くの教会において結婚式本番前に、数回キリスト教の教義を学びに教会に通う必要があります。 小さな教会であれば控室が無い場合もあるため、教会の人と良く話し合って対策をしっかりととっておくと安心です。

教会での結婚式も、工夫すれば低予算でできます。

結婚式といえば、教会で純白のウェディングドレスを身にまとい、ヴァージンロードを父と歩き、「健やかなるときも病める時も・・・」の有名なフレーズの宣誓に憧れる人は少なくないと思います。キリスト教信者ではないけれど、結婚式のときだけは、教会で厳かな気持ちになるのも素敵です。 この教会での結婚式ですが、なんだかんだとオプションで金額が上がっていくのをご存知でしょうか? もちろん結婚式場などのプランにもよりますが、できるだけ低予算に抑えたい方に、少しでも価格を下げるポイントを紹介します。 まず、飾りのお花は生花ではなく造花にしてしまいましょう。そして、音響はCDで十分です。聖歌隊やオルガン奏者は意外と高いのです。カメラマンも、プロでなくても家族や友人にお願いしてしまうのも手です。最近の家庭用デジタルカメラは高品質で撮影できるものも多いですし、写真が趣味の参列者がいたらぜひ頼んでしまいましょう。 教会での結婚式も、このように予算を抑えることができます。強いこだわりがない場合は、このように工夫してみてはいかがでしょうか。